【星ドラ(ドラクエ)】錬金のお話し(ルビス錬金など)【星のドラゴンクエスト】

どぉも、まるべりです!
星のドラゴンクエストブログ書いていきましょうw

さぁ、ということでブログ再開してから星ドラ動画は合計で4,5本あがってますが、それらの内容記事にしてなかったので書いていこうと思います!

まずは、2018/4/14にアップしていました
『ドラクエの日みんなでギガ前夜祭!ルビ錬金カウントダウン?!』

5月27日は『ドラクエの日』!!ということで、記念すべきドラクエ処女作?wドラゴンクエスト(FC)が販売された日!

1986年5月27日にドラゴンクエスト第一作目が世の中に登場し、今までに累計150万本も遊ばれた『Japanese Original role-playing game!!』

2017年から市村プロデューサー主導で?(2016年は30周年記念という名目でした)始まり、昨年は『HIKAKIN』さんのYoutubeチャンネルでドラクエの日を記念した生放送が放送され、

まるべりも微力ながら、解説役で出演させて頂き非常に貴重な経験をさせてもらったのですが、あれからもう1年が経ったんですねー

んで、今年はというと、ドラクエの日を記念して2018年5月26日の前日に
みんなでギガ前夜祭!

というリアルイベントが開催されることが決定抽選で500名様を招待する形で、上記URLから応募が可能です。

そちらも楽しみなのですが、問題は「ルビス錬金」昨年2017年のドラクエの日には、「天空錬金」そして2016年にあった星ドラの1周年記念には「ロト錬金」と…

節目で、伝説装備の錬金がきていたワケで星ドラにおける、伝説装備第三弾が原作にはなかった星ドラオリジナルの『ルビスそうび』

今のところ『ロト』→『天空』と錬金がきていることで第三弾のルビスは2018年のドラクエの日にくるであろうと

各所で予想がされていますが、本当にドラクエの日にルビ錬金がくるのか?!星ドラ界隈では注目が集まっている所です。

しかし、ロトと天空と同様に伝説装備扱いになっているとはいえ、その2つとは違った点も多いのがルビス装備です。

もちろん星ドラオリジナルということもそうですがロト、天空ともに「剣」「防具一式」のみが実装されているのですが、ルビス装備に至っては

武器だけでも、剣、杖、弓、扇と4種類防具に関しても、兜、冠、鎧(2種)、ローブ(2種)、盾と7種類あり、ドラクエの日に錬金がきたとしても

これら全てが錬金対象になるのは、今までの経緯も含めるとおそらくはないと思われます。

そもそも『錬金』システム自体は、過去に実装された装備と、現状新しく追加されていく装備とのバランス調整としての要素が強くあると言え、

もちろんゲーム性として、錬金要素を含むことでコンテンツとしての面白さを充実させていっていることも前提にありますが、

その観点からルビス装備の現状を見てみるとまず初めにルビスそうびとして実装されたのは2016年のドラクエ30周年記念(現ドラクエの日)で剣、兜、鎧上、鎧下、盾が登場しました。

これらは特に、盾 > 鎧上 > 鎧下 の順で現在でも利用機会がある装備として、活躍してます。

その後、2016年10月に杖、冠、ローブ上、ローブ下が追加実装。2016年12月には、弓。そして2017年12月に、扇と

こちらも、ローブ下以外は未だに現役で、最終的には、剣・兜・ローブ下のみ現環境の装備に併せて調整が、あるべきところ?

まぁ、なにを基準に「あるべき」というのかはいちプレイヤーが決めるところではないのですがそれは置いといて、ここで考えられるのは…

先ほどの剣・兜・ローブ下に関しても決して全く使えないと言い切るには難しく、剣に関しては他にロト剣や王者剣、ダイの剣など、攻撃呪文を積める強い剣という括りの中で、ルビ剣だけが錬金されていないというだけで、使えない装備というわけではありません。

なので、考え方としてルビスシリーズは、他にも追加になっていく武器の種類などがまだ、あると予想できることもあり、それらを出し切るもしくはもう少しラインナップを出してから錬金がくる。

という考え方もできなくないという所があるのです。シリーズの追加装備を出してバランス調整をしているため、錬金対象としてはもう少し先という構想になると、今回のドラクエの日でルビス錬金が来ないということも十分ありえるということが個人的には引っかかってたりします。

ただ、もう一つ考えられるパターンとしては、星ドラというゲームは、非常にプレイヤー意見を柔軟に取り入れてくれる運営体制となっていて(※注意:運営擁護でもなんでもないですよw)

実際、ダイの大冒険が復刻要望が汲み取られたことなど、ルビス錬金に関しても非常に期待が多く寄せられているということも加味すると

順当に錬金自体は実装されるが、ドラクエの日にルビス錬金(前半)2018年の星ドラ3周年にルビス錬金(後半)という形で2回に分けられてくる

というパティーンです。まぁ、どちらにせよ5/27に実装されるされないで今後の方向性も見えてくると思うので、

個人的には、ルビス錬金が実装されるされないより、ルビス錬金の方向性によって、伝説装備の第四弾的に扱われている

黄金竜そうびに関しても錬金の流れが見えてくるのではないかなぁっと思っていてそっちの方が興味を持っているところですw

星ドラでは、本日2018/4/20動画アップ予定の「斜め上錬金」の話しや、まだ未実装の常設星5装備の錬金。大天使そうび系の錬金がどうなるかなど

ひとつの論争テーマとしては、もってこいの内容になっています(笑)

っということで、やはり一つの話題だけで結構な文量になってしまっているので、2018/4/14以降にアップしている、DQⅧ後半イベ、新ストーリーの動画の内容などは、次回のブログで書いていこうと思います。

まだ、最新の星ドラ動画ご覧になられていない方は是非、星ドラ (ドラクエ) 最新攻略の再生リストからご覧ください!!

っということで今回のブログはここまで!最後まで、ご拝読頂きありがとうございましたwまたお会いしましょう…バイバイ(´・ω・`)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です